タイ国外旅行・観光

【タイ】ウドンタニの赤い蓮の海「タレーブアデーン」へは日の出前に行くべし

タイ・ウドンタニ県の記事も最後です。

そもそもウドンタニを訪れた目的は2つあり、1つ目がベトナムタウンを見に行くこと、2つ目がうどんを探し出して食べることでした。2つ目がしょうもなさすぎる。
でも、せっかくここまで来たのだから何か一つ有名なものを見ておきたい。

ウドンタニで訪れるべき場所と言えば「ทะเลบัวแดงタレーブアデーン(赤い蓮の海)」。
「タレー」=タイ語で「海」ですが、実際は湖です。(ウドンタニは海無し県)
例年、12月から2月の乾季にかけて、赤い蓮の花がまるで海のように湖一面に咲き誇ります。

タレーブアデーンまでは、ウドンタニ中心部から車で40分ほど。
また、そこに至るまでの公共交通機関はありません。

少し迷いつつも、今が見頃ということもあり、最終的には「行かない選択肢無くない?」と覚悟を決め行ってきましたが、これがもう大変によかったのです…!

「タレーブアデーン(赤い蓮の海)」への行き方

ウドンタニ市内から南東へ約43km、クンパワピー郡にある湖。
「タレーブアデーン」は通称であり、正式名は「ノーンハーン」といいます。

繰り返しになりますが、見頃は12月から2月の午前中。
特に1月・2月がピークのようです。

アクセス方法ですが、旅行者の場合はタクシー一択となります。
また、市街地からタレーブアデーンまでのタクシーが拾えたとしても、帰りのタクシーを現地で拾うのは至難の業と思われます(※超絶田舎です)。
事前に往復のタクシーを予約しておき、運ちゃんには現地で待機しておいてもらう必要があります。

一応、路線バス+ソンテウで行くルートもあるっぽい?のですが、そこまでの旅行スキルは持ち合わせていないため却下。

自家用車がある、もしくはレンタカーを借りている方、おめでとうございます。
自分で運転して行くのが間違いなく一番楽な手段でしょう。

で、で、で。
私の場合、ホテルのフロントで「レッドロータスシー行きたいねんけど~~」と告げ、往復タクシーを手配してもらいました。
金額は1500バーツで、まあ事前に調べていた通り。
時間はどうする?と聞かれたのですが、5:30出発がおすすめらしいので、それでお願いしました。

「タレーブアデーン(赤い蓮の海)」を遊覧する

翌朝。眠い目をこすり、朝5:30に出発。
6時過ぎには到着しました。

まだ日も昇っておらず、でーれ寒い!(謎に岐阜弁)
間違っても半袖では行かない方が良いです。ジャケット必須。

(なぜか)タクシーの運ちゃんに案内されるがまま、チケットを購入し、船に乗りました。
チケット代は以下の通り。

  • 船(大) 1隻500バーツ
  • 船(小) 1人150バーツ・2人まで乗船可

すぐさま出航!ライフジャケットがあるのできちんと着用しましょう。
赤い蓮の見所まではしばらくかかります。

第一の見所に到着。
船頭のおっちゃんに身を任せておけば、ええ感じの写真スポットをええ感じに巡ってくれます。

訪れたのが12月末だったので、蓮の花は満開という感じではなく、慎ましく咲いています。
霧がかった景色がまるで水墨画のよう。

しばらくすると、朝陽が…

いやー

ここぁー天国かな?
…あれ、私知らないうちに死んでた?こういうところでプロポーズとかされたいンゴねえ。。

朝陽に背を向けると、順光で照らされますます美しく見える蓮の花。

ズームレンズ(28-200mm)持って来て良かった~~
船の上から蓮の花をバシャバシャと接写し放題です。

朝焼けを見つめる船頭さん。全てが絵になる。(※カメラとレンズのおかげ)

ちなみに、周囲からは日本語が多く聞こえてきました。(在住者だとは思うけど)

逆に、意外と中国語は聞こえてこなかったんだよなあ…
バンコク、特にシーロムエリアでは中国語しか耳にしなかったのだが。。

日が昇り切りました。青い空のリフレクションが美しい。

鳥さんたちの休憩所。船頭さんが船のスピードを下げ、「撮れ!撮れ!」と指示を出すので撮ってみた。

船旅も終盤。出発地に戻ります。

1時間の遊覧が終了。

500バーツの船に乗ると、乗船時に勝手に写真を撮られて売られるらしい。(100バーツ)
せめてもうちょっとちゃんと撮ってあげて…

心が満たされたところで、タクシーでホテルに戻ったのでした。

おまけ:ウドンタニでの年越し

ところで、この日は12月31日。全く意識していなかったのですが、大晦日だったのです。

2023年最後の晩餐はどうしようかな、と悩んだ結果、選ばれたのは大戸屋でした。

チキンかあさん煮(299バーツ)を食べて、実家に思いを馳せます。ママ~~

年越しそば代わりのミニそば(109バーツ)

何かカウントダウンイベントとかやらないのかな、と思い、駅周辺に。
ナイトマーケットがあり夜遅くまで盛り上がっていそうなので、まあ何かあるだろうと踏んだのです。

終わらないクリスマス。
クリスマスも年越しも一緒に祝っていいんだよ!

まだ21時くらいなので、マックで時間を潰します。
タイのマック、ジュースがアメリカンサイズだ…
(最小が16oz ≒ 454ml.で、次が22oz、最大32oz)

現在22時半。フードコートに居座ることにしました。

テンモーパン(スイカスムージー)すき。

あのでっかいモニターで、カウントダウンのライブビューイングとかやるのかな…ん?

No Signalになっとる!全くやる気ないな?

このとき23:50。あー、このまま何も無いのかなーと思っていると…

 

ヒューッ、ドゴーン!

年明けの直前、突如鳴り響き耳を劈く轟音。そして始まるカウントダウン。
外に出てみると…

爆竹と花火が上がってました。

距離が近い!怖い!
頭上に何か(玉皮?)が落ちてくるのが分かります。

明けました

…帰ろう。とりあえず、煙がすごい。

まとめ

えーと、何の話でしたっけ?

とりあえず、赤い蓮の海はすごくいいゾ!ということをお伝えしたかったのです。
写真よりも実際に見る方が本当に良いので、行ってみてね!

年越しに関しては…まあ、田舎なので、バンコクほどド派手なカウントダウンは無いです。
タイで年越ししたいけど、バンコクは人多すぎだし年末はホテル高いので嫌だ!という方は、ウドンタニでゆったりと年越ししてみてはいかがでしょう。

駅前のセブンイレブンに象さんおった

インスタやってます