国外 おでかけ

シェムリアップの新空港から市内中心部への移動手段4つ。おすすめはGrab

国外 おでかけ

ベトナムの旧正月(テト)休暇中、日本から来てくれた友人たちとカンボジア・シェムリアップまで行ってきました。

シェムリアップはずっと前(2016年)に行ったことがあるのですが、東南アジアではお馴染みのモビリティサービス・Grabでトゥクトゥクまで呼べるようになっているなど、めちゃくちゃ便利になっていてたまげました。

一方、昨年2023年に空港が新空港に移転したことで、市内との移動が若干不便に。

今回、空港と市内中心部の移動にGrabを使用したので、新空港の紹介と併せ、備忘として残しておきます。

2024年2月上旬時点の情報です。

【おことわり】本記事で触れるGrabは「Car(タクシー)」の方です。Grabで配車出来るとはいえ、トゥクトゥクで空港と市内間を移動しようとは考えないように。(たぶん断られます)

新空港の紹介

新空港ことシェムリアップ・アンコール国際空港(SAI)は、2023年、かつてのシェムリアップ国際空港(REP)に代わる形で運営が開始されました。

シェムリアップ中心部から東に約50km、アンコールワットの遺跡群からは約40kmの場所に位置するということで、中心部から約8kmの場所に位置した旧空港と比較するとかなり不便になってしまいました。

(とはいえ、これまでは遺跡上空を飛行出来ないことで不便な運用を強いられたり、飛行機の振動が遺跡に影響を与える可能性もあったということなので、しょうがないね)

空港の建設を担ったのは中国企業で、運営・管理も中国企業が担います。

免税店の運営までも中国企業。

新しい空港だけあって、中はめちゃくちゃ綺麗。

空港の処理能力に対して就航している便はまだまだ少ないので、時間によってはがらんとしてます。ちょっと不気味…

また、空港と市内は新しく建設されたアンコール・ハイウェイにより接続され、移動時間は車で大体1時間ほど。こちらもまた中国企業による建設です。

将来的には、ライトレールや空港高速道路の建設も計画されている…そうですが、何十年後になるのかな。。

空港から市内への移動方法

空港と市内の移動方法ですが、ざっくり4つあります。

①シャトルバス(空港)

まずは空港公式のシャトルバス。片道8ドルで、1日8便運航されます。

バスのチケットは空港到着時に購入可能。空港を出て左側(正面から見て右側)にチケットカウンターがあります。

降車ポイントは主要ショッピング施設3箇所。そこからGrabで目的地に移動すると良さそう。

シャトルバス時刻表

ルート時刻表運賃
空港>市内中心部5:30、7:00、8:00、11:00、12:00、13:30、16:30、19:00片道8ドル※
市内中心部>空港9:30、10:30、12:30、15:00、16:00、18:00、20:00、22:00片道8ドル※
※往復チケットの場合、15ドルで購入可能

シャトルバス停留所

②シャトルバス(カンポジア・ポスト)

お次はカンボジア・ポスト(郵便局)が運営するシャトルバス。
中心部・パブストリートから850mに位置する郵便局に発着します。
利用には事前の予約が必要ですが、飛行機が遅延してもドライバーが待っていてくれるメリットがあるそうな。

シャトルバス時刻表

ルート時刻表運賃
空港>郵便局7:00、9:00、11:00、12:30、14:00、15:30、17:00片道8ドル
郵便局>空港10:30、11:30、12:30、15:00、16:30、18:00、20:00片道8ドル

シャトルバス停留所

③送迎サービス

3つ目はホテルや旅行会社に依頼できる送迎サービス。高いのでパス。

④タクシー

最後はタクシー。今回は3人での旅行だった&荷物がそれなりにあったのでタクシー一択でした。割り勘したら安いからね。

タクシーチケットカウンターなどは無く、空港内に屯しているタクシードライバーと話を付ける必要があります。

エアポートタクシーは35ドル」という事前情報は掴んでいたのですが、それにしても声を掛けてくる客引きのまあ胡散臭いこと。

そもそも私は海外において向こうから声を掛けてくる人間は基本的に敵だと考えています。「ミスター狭量」と呼んでくれて構わないよ。

「35ドルだよ~」と言ってくるドライバーはまあ情報通りなので良いとして、

俺っちの車なら25ドルでいいよ

んなわけあるかい… 絶対後で難癖付けて金額上乗せしてくるやつやろ…
(例:中心部までなら25ドルだけどホテルまで行ったから+○ドル、空港使用料かかったから+○ドル、etc…)

シャトルバスは8ドルだけど停留所は決まってる。俺っちのタクシーなら25ドルで行きたい場所まで行けるよ。市内までは「トオイ(日本語)」

しつこい!心のドアを固く閉ざしつつ、何となくGrabを開いて目的地をセットしてみると…

あれっ、空港にGrab Carがいるじゃん!
しかも金額をドル換算すると30ドルと、エアポートタクシーよりも安い。

(スマホをのぞき込みつつ)Grabは30ドル。俺っちのタクシーなら25ドル

ええいうるさい!強引に振り切りGrabの「Book」ボタンをタップ。NOと言える日本人になれたよ…

駐車場で待機していたGrabの運ちゃんがすぐに来てくれ、無事に空港を出発。
空港使用料などが追加でかかることは無く、Grabに表示された金額の通り市内まで送り届けてくれました。

121,500リエル=約30ドル

ちなみに、Grabで表示される金額はカンボジア・リエル表記のため、ドルで支払う場合は手元で計算した上で「○ドルだよね?」と確認した方がよさげ。
基本的に4,100リエル=1ドルですが、場所(場合)によっては4,000リエル=1ドルと見なしてくれることもあります。

カンボジアでは、独自通貨のリエルと、国連暫定統治(UNTAC)時代に持ち込まれたUSドルが併用されている。リエルは主に小額の取引で、USドルは高額の取引や観光業などで使われる。どちらか一方での価格表記しか無くとも、どちらの通貨でも支払い可能。

なお、リエルを外貨に両替することは困難なので、旅行中に上手く使い切ることを推奨。

 

帰り、ホテルから空港までの移動もGrabを使用。早朝でしたが、問題なく配車できました。
みんな、旅行前にGrabをインストールしておこうな。

おまけ:おすすめのマッサージ店(1時間5ドル)

シェムリアップ滞在中、連日通いつめアゲたおすすめのマッサージ店を紹介します。

セブンイレブンから道路を挟んだ場所にあります。

1時間5ドルのフットマッサージが本当に素晴らしいです。
足だけではなく肩・腕・頭・背中のマッサージ付き。
1時間たっぷり、一切の手抜き無く丹念にマッサージをしていただきました。

5ドルという価格帯を加味し、チップは2ドルをお渡ししましたが、今思うともっと渡しても良かったな…

カンボジア、ビザが必要で無ければもっと行きたい

ホテル宿泊記&おすすめレストラン・カフェ・スイーツ紹介

インスタやってます