スイーツ

リバービューを楽しみながら「甘くないチェー」はいかがでしょう*Chè Miss Đác@1区

ベトナムスイーツの代表格であるチェー。私が暮らすホーチミン市においても多くのチェー専門店が存在し、それぞれに特徴や味わいがあります。

そんな中、「甘くないチェー」を売りにしたチェーのお店を発見。甘くないことをあえてアピール、これはどういうことなのか。

本記事では、ベトナム・ホーチミン市に2店舗を展開するチェー専門店「Chè Miss Đác(チェー・ミス・ダック)」の、1区・ホアンサ (Hoàng Sa) 店をご紹介します。

Sponsored Link

「Chè Miss Đác」の場所・雰囲気・メニュー

ホーチミン市1区・ホアンサ (Hoàng Sa) 通りにやって来ました。眼前にはニエウロック=ティゲー運河 (kênh Nhiêu Lộc – Thị Nghè) が広がり、川を挟んだ先はビンタイン区です。

早速ですが、「Chè Miss Đác」の外観はこちら。退屈な気分を吹き飛ばしてくれそうな、ビビッドな黄色が目印です。看板には「Chè Không Ngọt(=甘くないチェー)」とあり、「甘くない」ことを全力でアピール。

日本では口当たりの良い甘さが好まれ、「甘くない甘味」が持て囃されることもままありますが、ベトナムもその領域に足を踏み入れたというのだろうか…?

何はともあれ、注文しましょうかね。

「Chè Miss Đác」のメニューはこちら。チェー・ヨーグルト・飲み物のほか、フルーツなどで味付けしたサトウヤシの種子の甘露煮を1kg(!)単位で販売しているようです。

チェーは30,000ドンの「Miss Đác」をベースに、バインフラン(ベトナムプリン)やドリアンペーストのトッピングなどいくつかバリエーションがある感じ。

バイクで立ち寄っては持ち帰りで注文し、さーっと去っていくお客さんが多いですが、テイクアウト専門店というわけでもなく店内には十分に座席があります。と、いうわけでここで食べて行きましょう。

「Chè Miss Đác」のチェーを実食

注文した「Miss Đác(ミス・ダック)」30,000ドン(≒189円)、「Sữa Chua Đác Rim Dâu Tây(スア・チュア・ダック・リム・ザウ・タイ)」35,000ドン(≒221円)がやって来ましたよ。お茶は無料です。

チェーの具材は…えー、合っているかどうか自信が無いのですが、おそらく以下の通り。カラフルさにびっくりする人もいるかもしれませんが、全て自然由来の色なのでご安心を。とりあえず、日本人からするとサトウヤシとオウギヤシの区別が全くつかない。

サトウヤシ、オウギヤシ、ジャックフルーツ、バインロット、ハットルー

ルビーのように赤いこちらの具材。サトウヤシの種子を甘く煮たもの…かな?この赤色はおそらくアーティチョークの花と一緒に煮込むことで着色されたものかと思います。

こちらの具材は「ハットルー (Hạt lựu)」。直訳すると「ザクロの種」ですが、細かく刻んだクワイにタピオカ粉をまぶし茹でたものです。まるでザクロの実のような見た目からそう呼ばれているわけですね。タピオカ粉でできた表面部分はつるつる、中のクワイはしゃきしゃき食感です。

ココナッツのような見た目の、固い半透明の具材はオウギヤシ。細長くもちもちした緑の具材は「バインロット (Bánh lọt)」と呼ばれる、米粉やタピオカ粉から作られたお菓子。この緑色はパンダンリーフによるものであるとのこと。

で、味ですが、「甘そうで甘くない少し甘いチェー」でした。流石に「まったく甘くない」ということはないのですが、優しく程よい甘さです。近年ベトナムでは肥満が問題になっているようだし、砂糖を抑えたスイーツは歓迎されるのではなかろうか。

また、具材の産地にもこだわりを持っているそう。例えば、サトウヤシはニャチャンなど中部産、オウギヤシはアンザン産、ココナッツミルクはベンチェ産…など。

「Sữa Chua Đác Rim Dâu Tây」…サトウヤシのマルベリーシロップ漬け&ヨーグルト、って感じかな?

マルベリーの甘酸っぱさはヨーグルトと相性抜群。シロップに漬け込まれて柔らかくなったサトウヤシの種子はグミみたいな食感で面白い。あくまでメインはチェーで、ヨーグルトはどちらかというとサイドメニューだと思うのですが、意外なところに伏兵が居た。

夜風を浴びながらチェーを楽しむ。優雅だ…

運河を一望!リバービュー席あります

ところで、さっきからこちらの階段が気になっていました。上階に上がってみると…

なんと、2階にも座席がありました。えー、最初からこっちに座ればよかったなあ。

センスが光る壁の絵。なんとなくホイアンを思い出しました。

テラス席に座ると…ホアンサ通り、そして運河を見下ろすことができます。涼しい日の夜なんかは最高ですね。

注意事項…というほどでもないですが、近辺ではこの場所だけ一際明るいため、虫がめっちゃ寄ってきます。あと、構造的に雨が降ったらアウトな気がしますが、格納式のテントが備え付けられているため、悪天候の際は店員さんが屋根を張ってくれる…はず。

まとめ&「Chè Miss Đác」の店舗情報

ホーチミン市1区のチェー専門店「Chè Miss Đác」を紹介しました。

なお、今回紹介したホアンサ (Hoàng Sa) 通りの店舗は支店であり、本店はフーニャン (Phú Nhuận) 区にあります(Googleマップ)。これ以上安易にフランチャイズで店舗を増やさないことを信条とされているそう。

基本的にお菓子=甘いもの、なベトナムにおいて、「甘くない」ことをアピールするスイーツというのは新たなムーブメントな気がします。お店のロケーションも良いので、興味を持たれた方は是非お試しください。

お店の名前 Chè Miss Đác
住   所 111B Đ. Hoàng Sa, Đa Kao, Quận 1, Hồ Chí Minh, Vietnam
営 業 時 間 10:00 〜 22:00
Facebook